すでに20歳から精力が下がっている!

60〜70代は最低2週間に1回射精が必要!

60〜70歳は、2週間に1回の射精で性機能の「廃用性萎縮(はいようせいいしゅく)」を防ぐことができます。欧米では性的興奮が多い人は死亡率が低い、セックスは長生きの薬であるとも言われています。イギリスの医学雑誌には、セックスによる性的興奮がなかった人の10年後の死亡率は、性的興奮が多かった人と比べた場合に約2倍となったと書かれています。

 

高齢者の場合は無理は禁物ですが、身体に負担がかからないセックスをすることで、いつまでも元気に長生きすることが可能なのです。日本では年寄りでスケベな男性をエロガッパやエロジジイと言いますが、これは元気で長生きができる証拠とも言えるのです。

 

日本人は恥ずかしがり屋が多く、ムッツリスケベと言われる人多いのですが、年齢を重ねていろいろな恥をかいてきたし、性に関しては回りに迷惑がかからない範囲で、もっと開放的になっても良いのではないでしょうか?男性は基本的には死ぬまで性機能が正しく使える状態です。これは神様があたえてくれた楽しみでもあるのです。

300種類の中から厳選した精力剤

LOVE SHOT-type L-
”あの子を落とせる”人気商品!今ならセット購入で「女が豹変する魔法の一粒」をプレゼント!!
メンズアップキャンディ
このキャンディを舐めることで、成分が毛細血管を介してダイレクトに注入!全て天然成分なので、強制勃起なしの安心安全成分!