すでに20歳から精力が下がっている!

中高年以降のセックスはどうあるべきか?

男性は加齢により男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減っていきます。この男性ホルモンが減少することによって、性欲が減退して男性は「朝立ち勃起」の回数が減ってきてしまいます。中高年以降の女性は卵巣の機能が低下して女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少して、セックスの時の愛液の分泌が少なくなるのです。

 

愛液が少なくなると女性はとても痛みを感じるようになるので、そのような場合は専用のクリームを使うと良いでしょう。このような中高年以降の夫婦はセックスレス状態になっていきます。

 

男性もパートナーが35歳以上になると、女性が痛みを感じる事も頭に入れての気持ちのいたわりが必要になってきます。若いカップル同士でしたらあまり気にする必要はありませんが、男性も男性機能が弱って完全に勃起しない状態、女性も愛液が少ない状態では、セックスがうまくできる確率が少なくなってくるのです。

 

ですので、中高年のセックスはご自身の体の状態、女性の体の状態、タイミングやムード作りをよく考えてセックスをする必要性が出てきます。うまくいかない時は無理やりせずに、心のスキンシップを大切にすることです。

300種類の中から厳選した精力剤

LOVE SHOT-type L-
”あの子を落とせる”人気商品!今ならセット購入で「女が豹変する魔法の一粒」をプレゼント!!
メンズアップキャンディ
このキャンディを舐めることで、成分が毛細血管を介してダイレクトに注入!全て天然成分なので、強制勃起なしの安心安全成分!