すでに20歳から精力が下がっている!

高齢者の為の心臓の負担の少ないセックス!

日本にはスケベジジイという呼び方がありますが、高齢者になってもスケベでいた方が健康的にも精神衛生上にも非常に良いのです。しかし、若い頃のような体力はありませんし、年齢を考えてのセックスは必要になってきます。加齢により体力が落ちることにより血圧が高くなり、心臓血管系の病気のリスクが高まります。

 

さて、ここでは、高齢者の為の心臓に負担が少ない「体位」をご紹介します。通常時の脈拍が60回程度でしたら、マスターベーションでは100回、正常位のセックスでは125回ほどに心拍数が上がります。日本では男性が上になる体位の事を正常位と呼んでいますが、これは日本だけの呼び方です。実は正常位は高齢者にとって心臓に負担がかかる体位なのです。よく腹上死と呼ばれるのは正常位での行為中に心筋梗塞、心臓血管系の疾患により亡くなることを言います。

 

それでは、一番心臓に負担のかかりにくい体位とはどんな体位でしょうか?それは、男女ともに横向きになり、男性が背後から挿入する体位です。「側臥位後背位(そくがいこうはいい)」と一般的には言います。これでしたら、体重を女性に乗せることもありませんし、腰を痛めずにピストン運動もスムーズにできます。心臓にも負担が少ない体位です。

300種類の中から厳選した精力剤

LOVE SHOT-type L-
”あの子を落とせる”人気商品!今ならセット購入で「女が豹変する魔法の一粒」をプレゼント!!
メンズアップキャンディ
このキャンディを舐めることで、成分が毛細血管を介してダイレクトに注入!全て天然成分なので、強制勃起なしの安心安全成分!